足を長くする

中学男子女子など成長期の方たちが足を長くする方法を紹介しています。

足を長くする方法で赤ちゃんにできること

 

赤ちゃんの足を長くする方法はあるのでしょうか。

 

色々と調べてみましたが、これは色々なブログやサイトから集めてきたものなので確実に効果があるかは不明です。

 

でもやってみる価値はあるかと思います。

 

 

①足をちょっとだけ引っ張る

絶対に無理やりはダメです。無理に引っ張れば足が脱臼してしまいます。

 

赤ちゃんのうちは身体が柔らかいので、少しだけ足を引っ張ると伸びてくるそうです。

 

ですが、繰り返しますが強く引っ張るのは完全にNGです。

 

脚の形がかえって悪くなるのでこれは本当にダメです。

 

②少し大きくなったらバレエを習わせる

バレエを習っていたせいか足が泣かくなったという女の子が結構いるそうです。

 

また最近は男の子でもバレエを習う子がいるそうで、そういう子はやっぱりすらっとした体形になるそうですね。

 

 

③日本食だけでなく西洋の食事も取り入れる

こちらももう少し成長してからですが、日本人の胴が長い理由は日本の古来の食事を消化するために腸が長くなっているからと言われています。

 

西洋の食べ物を普段の食事に混ぜていくことで、足の長さが変わってくるそうです。

 

④足のサイズにあった靴を履かせる

足のサイズにあっていない靴を履かせてしまうと、足が綺麗な形にならず、足が長くならないと言われています。

 

きちんと足のサイズにあった靴を履かせてあげるようにしましょう。

 

⑤正座は厳禁

これはこのブログでは何度も話していますが、赤ちゃんがもう少し大きくなったときに正座だけはさせないでください。

 

僕が一番後悔していることですが、正座は足を確実に短くします。

 

正座を避けるだけで足の長さは身長に対して平均は狙えると思っていますので、本当に正座や横座りはさせないようにしてください。

 

 

以上5点挙げましたが、これらを実践していくことで赤ちゃんの足の長さを長くできる確率が高くなるかもしれません。